一陸特

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問24

問題 次の記述は、マイクロ波用標準信号発生器として一般に必要な条件について述べたものである。このうち条件に該当しないものを下の番号から選べ。 出力の周波数特性が良いこと。出力インピーダンスが連続的に可 ...

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問23

問題 図に示す増幅器の利得の測定回路において、切換えスイッチSを①に接続して、レベル計の指示が0[dBm]となるように信号発生器の出力を調整した。 次に減衰器の減衰量を9[dB]として、切換えスイッチ ...

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問22

問題 次の記述は、一般的な無停電電源装置について述べたものである。(  )内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。 (1):定常時には、商用電源からの交流入力が( A )器で直流に変換され ...

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問21

問題 次の記述は、陸上の移動体通信の電波伝搬特性について述べたものである。(  )内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。 (1):基地局から送信された電波は、移動局周辺の建物などにより反 ...

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問20

問題 次の記述は、マイクロ波回線の設定の際に考慮される第1フレネルゾーンについて述べたものである。(  )内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、使用する電波の波長をλとする。 ( ...

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問19

問題 次の記述は、同軸ケーブルについて述べたものである。このうち正しいものを下の番号から選べ。 使用周波数が高くなるほど誘電損が大きくなる。同軸ケーブルは、一本の内部導体のまわりに同心円状に外部導体を ...

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問18

問題 次の記述は、衛星通信に用いられる反射鏡アンテナについて述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。 衛星からの微弱な電波を受信するため、大きな開口面を持つ反射鏡アンテナが利用され ...

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問17

問題 無線局の送信アンテナの絶対利得が41[dBi]、送信アンテナに供給される電力が20[W]のとき、等価等方輻射電力(EIRP)の値として、最も近いものを下の番号から選べ。ただし、等価等方輻射電力P ...

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問16

問題 パルスレーダーにおいて、パルス波が発射されてから、物標による反射波が受信されるまでの時間が 45[μs]であった。このときの物標までの距離の値として、最も近いものを下の番号から選べ。 1,350 ...

第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和2年2月 無線工学(A)問15

問題 次の記述は、パルスレーダーの動作原理等について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。 最小探知距離を短くするには、水平面内のビーム幅を狭くする。水平面内のビーム幅が狭いほど ...

© 2023 はちさんの通信系資格ブログ