伝送交換主任技術者 線路主任技術者 電気通信主任技術者

電気通信主任技術者 令和4年第1回 電気通信システム問18

2022-09-16

問題

光ファイバの伝送帯域を制限する主な要因のうち、マルチモード光ファイバ特有のものとして、(  )がある。

  1. 吸収損失
  2. 構造分散
  3. 材料分散
  4. レイリー散乱
  5. モード分散

解答

5

解説

モードによる光の到達時間の違いをモード分散という。モード分散が大きいと光通信においては符号誤りが生じてしまう。シングルモード光ファイバー(Single Mode Fiber : SMF)では基本モードしか存在しないためモード分散は生じないが、ステップインデックス(Step Index : SI)型マルチモード光ファイバーではモード分散が問題になる。

モード分散 | オプティペディア - Produced by 光響

-伝送交換主任技術者, 線路主任技術者, 電気通信主任技術者

© 2022 はちさんの通信系資格ブログ