伝送交換主任技術者 線路主任技術者 電気通信主任技術者

電気通信主任技術者 令和4年第1回 電気通信システム問13

2022-09-11

問題

無線LANの伝送方式には、小出力電力で耐干渉性や秘匿性を確保するため、衛星通信でも利用されている(  )方式を用いたものがある。

  1. ベースバンド
  2. 共通線信号
  3. スペクトル拡散
  4. 振幅変調
  5. 周波数変調

解答

3

解説

無線LANの伝送方式に関する問題です。

無線LANでは、スペクトル拡散やOFDMといった技術が用いれらています。

スペクトル拡散とOFDMのうち、耐干渉性や秘匿性に優れるのはスペクトル拡散です。

スペクトル拡散の詳細を知りたい方は、以下をご参照ください。

-伝送交換主任技術者, 線路主任技術者, 電気通信主任技術者

© 2022 はちさんの通信系資格ブログ