第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和4年2月 無線工学(A)問1

2022-03-19

問題

次の記述は、静止衛星について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。

  1. 静止衛星が地球を一周する周期は、地球の公転周期と等しい。
  2. 静止衛星の軌道は、赤道上空にあり、ほぼ円軌道である。
  3. 春分及び秋分を中心とした一定の期間には、衛星の電源に用いられる太陽電池の発電ができなくなる時間帯が生ずる。
  4. 静止衛星は、地球の自転の方向と同一方向に、地球の周囲を回っている。

解答

1

解説

静止衛星が地球を一周する周期は、地球の自転周期と等しい。

静止衛星について

静止衛星は赤道の上空にあり、地表から約36,000 [km]の高度で回っています。

静止衛星は、地球の自転周期と同じ速さで、かつ地球の自転の方向と同じ方向に、回っています。

その結果、地上から見ると、衛星は静止しているように見えます。そのため、「静止衛星」と呼ばれているのです。

また、春分と秋分の前後の期間は、太陽・地球・衛星が一直線にならぶことで、地球の影が衛星に掛かってしまいます。

これを衛星の食といい、この期間はバッテリーから衛星へ電源を供給します。

-第一級陸上特殊無線技士
-,

© 2022 はちさんの通信系資格ブログ