伝送交換主任技術者 線路主任技術者 電気通信主任技術者

電気通信主任技術者 平成28年第2回 電気通信システム問9

2023-05-21

問題

アナログ信号をデジタル信号に変換して伝送するデジタル伝送方式において、アナログ信号を標本化することにより得られる( )パルスは、アナログ信号波形の大きさを振幅で表している。

  1. PAM
  2. PWM
  3. PPM
  4. PFM
  5. PCM

解答

1

解説

パルス符号変調(PCM;Pulse Code Modulation)とは、アナログ信号をディジタル信号に変換する方式の1つです。

アナログ信号をディジタル信号に変換するには、標本化、量子化、符号化という3ステップを踏みます。

標本化を英語でサンプリング(sampling)ともいいます。

また、標本化のグラフのように、信号を一定の周期でサンプリングしてパルス化することを、パルス振幅変調(PAM;Pulse Amplitude Modulation)といいます。

-伝送交換主任技術者, 線路主任技術者, 電気通信主任技術者

© 2023 はちさんの通信系資格ブログ