第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和4年6月 法規(A)問3

2022-08-08

問題

空中線電力の定義を述べた次の記述のうち、電波法施行規則(第2条)の規定に照らし、この規定に定めるところに適合しないものはどれか。下の1から4までのうちから一つ選べ。

  1. 「尖頭電力」(せんとうでんりょく)とは、通常の動作状態において、変調包絡線の最高尖頭における無線周波数1サイクルの間に送信機から空中線系の給電線に供給される平均の電力をいう。
  2. 「平均電力」とは、通常の動作中の送信機から空中線系の給電線に供給される電力であって、変調において用いられる最低周波数の周期に比較して十分長い時間(通常、平均の電力が最大である約10分の1秒間)にわたって平均されたものをいう。
  3. 「搬送波電力」とは、通常の動作状態における無線周波数1サイクルの間に送信機から空中線系の給電線に供給される最大の電力をいう。ただし、この定義は、パルス変調の発射には適用しない。
  4. 「規格電力」とは、終段真空管の使用状態における出力規格の値をいう。

解答

3

解説

定義等(電波法施行規則第2条)

  • 搬送波電力:通常の動作状態における無線周波数1サイクルの間に送信機から空中線系の給電線に供給される平均の電力をいう。ただし、この定義は、パルス変調の発射には適用しない。

-第一級陸上特殊無線技士
-,

© 2022 はちさんの通信系資格ブログ