第一級陸上特殊無線技士

一陸特 平成31年2月 無線工学(A)問15

2022-01-20

問題

次の記述は、パルスレーダーの受信機に用いられる回路について述べたものである。( )内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。

  • (1):近距離からの強い反射波があると、PPI表示の表示部の( A )付近が明るくなり過ぎて、近くの物標が見えなくなる。このとき、( B )回路により近距離からの強い反射波に対しては感度を下げ、遠距離になるにつれて感度を上げて、近距離にある物標を探知しやすくすることができる。
  • (2):雨や雪などからの反射波によって、物標の識別が困難になることがある。このとき、( C )回路により検波後の出力を微分して、物標を際立たせることができる。
ABC
1中心FTCSTC
2中心FTCAFC
3中心STCFTC
4外周AFCSTC
5外周STCFTC

解答

3

解説

海面反射抑制(STC)とは?

STCとは、レーダーに搭載される、海面反射を抑制するための回路です。

気象状況などによって海面が変動すると、自身の近くにある物体がレーダー指示器(PPI;Plan Position Indicator、下記の様な、自身を中心とした平面で信号を表示させる機器)から見えなくなってしまう現象があります。

これは海面変動による反射が強すぎるために発生しており、これを抑制するための回路を海面反射抑制(STC;Sensitivity Time Control)回路と言います。

STCでは中心付近の感度をわざと下げることで、反射波の影響を抑制します。

海上が非常に荒れているようなとき、CRTの中心付近が明るすぎて、自船の近くにある物標が見えなくなってしまう。これは近くの波からの反射波のために起こる現象で、海面反射といわれている。これを防ぐためCRTの中心付近の感度を下げて海面反射を抑制するための海面反射抑制回路(STC:Sensitivity Time Control)回路がある。

日本財団図書館(電子図書館) レーダー講習用指導書(機器保守整備編)

雨雪反射抑制(FTC)とは?

雨雪反射抑制(FTC;Fast Time Constant)回路とは、レーダーに搭載される、雨や雪からの反射を抑制するための回路です。

というのも、雨や雪などの気象の影響により、この反射波が発生します。

この雨や雪などによる反射波が大きくなってしまうと、物体からの反射波との区別ができなくなってしまいます。

これを抑制するための回路を雨雪反射抑制(FTC;Fast Time Constant)回路と言います。

FTCは微分回路にて構成され、受信信号をFTC回路に通すことで、受信信号を微分します。

信号を微分すると何が起こるかというと、信号の変化が大きい部分で出力が大きく、変化が小さい部分では出力が小さくなります。

つまり、パルスが埋もれている部分では、パルスの成分があるため、微分回路の出力は鋭い立ち上がりを見せます。

これによって、雨雪の反射波の影響を抑制し、隠れた反射波を際立たせているのです。

-第一級陸上特殊無線技士
-,

© 2022 はちさんの通信系資格ブログ