第一級陸上特殊無線技士

一陸特 平成31年2月 法規(B)問11

2022-03-17

問題

次の記述のうち、無線従事者がその免許を取り消されることがある場合に該当するものはどれか。電波法(第79条)の規定に照らし、下の1から4までのうちから一つ選べ。

  1. 刑法に規定する罪を犯し、罰金以上の刑に処せられたとき。
  2. 不正な手段により無線従事者の免許を受けたとき。
  3. 無線通信の業務に5年以上従事しなかったとき。
  4. 日本の国籍を失ったとき。

解答

2

解説

無線従事者の免許の取消し(電波法第79条)

総務大臣は、無線従事者が次に該当するとき、その免許の取り消し又は3箇月以内の期間を定めて、その業務に従事することを停止できる。

  1. 電波法若しくは電波法に基づく命令、処分に違反した場合。
  2. 不正な手段により免許を受けた場合。
  3. 著しく心身に欠陥があって無線従事者に適しない場合。

-第一級陸上特殊無線技士
-,

© 2022 はちさんの通信系資格ブログ