伝送交換主任技術者 線路主任技術者 電気通信主任技術者

電気通信主任技術者 令和3年第2回 電気通信システム問14

2022-06-12

問題

IPv6ヘッダにおいて、IPv4ヘッダにおけるTTLに相当する(  )の値はパケットがルータなどを通過するたびに一つずつ減らされ、値がゼロになるとそのパケットは破棄される。

  1. トラヒッククラス
  2. バージョン
  3. ホップリミット
  4. ペイロード長
  5. ネクストヘッダ

解答

3

解説

ループが発生した場合など、ネットワーク内でパケットが転送され続けるの防ぐため、IPv4ではTTL、IPv6ではホップリミットという制限があります。

TTLやホップリミットはパケットのヘッダに記録される値で、ルーターを通過するたびに1つ減らします。

TTL(ホップリミット)が0になったパケットは、ルーターで破棄されます。

※参考文献:第2回 IPv6パケットの構造を知る:Windows管理者のためのIPv6入門(1/2 ページ) - @IT

-伝送交換主任技術者, 線路主任技術者, 電気通信主任技術者

© 2023 はちさんの通信系資格ブログ