伝送交換主任技術者 線路主任技術者 電気通信主任技術者

電気通信主任技術者 平成29年第1回 電気通信システム問11

2021-09-06

問題

即時式完全線群において、ある回線群の運んだ呼量が27[アーラン]であった。この回線群の呼損率が0.1であるとき、この回線群に加わった呼量は、( )[アーラン]である。

  1. 2.7
  2. 24.3
  3. 27
  4. 30
  5. 270

解答

4

解説

呼損率とは、呼が発生した時に回線に空きがなく、繋がらない割合のことをいいます。

呼損率Bは、下記の式で求めることができます。

$$\begin{eqnarray} 呼損率B&=&1-\frac{\eta N}{a} \\ &=&\frac{a-c}{a} \end{eqnarray}$$

ここで、ηは出線能率、Nは出回線数、aは加わった呼量、cは運ばれた呼量を表しています。

値を代入していきます。

$$\begin{eqnarray} B&=&\frac{a-c}{a} \\ 0.1&=&\frac{a-27}{a} \\ &=&1-\frac{27}{a} \\ 1-0.1&=&\frac{27}{a} \\ a&=&\frac{27}{0.9} \\ &=&\frac{270}{9} \\ &=&30 \end{eqnarray}$$

-伝送交換主任技術者, 線路主任技術者, 電気通信主任技術者

© 2023 はちさんの通信系資格ブログ