第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和4年6月 法規(B)問8

2022-08-25

問題

次の記述は、無線局(登録局を除く。)の運用について述べたものである。電波法(第52条及び第53条)の規定に照らし、(  )内に入れるべき最も適切な字句の組合せを下の1から4までのうちから一つ選べ。

  • ①:無線局は、免許状に記載された目的又は( A )の範囲を超えて運用してはならない。ただし、次の(1)から(6)までに掲げる通信については、この限りでない。(1) 遭難通信 (2) 緊急通信 (3) 安全通信 (4) 非常通信 (5) 放送の受信 (6) その他総務省令で定める通信
  • ②:無線局を運用する場合においては、( B )は、その無線局の免許状に記載されたところによらなければならない。ただし、( C )については、この限りでない。
ABC
1通信の相手方若しくは通信事項無線設備の設置場所、識別信号、電波の型式及び周波数遭難通信
2通信の相手方若しくは通信事項識別信号、電波の型式、周波数及び空中線電力遭難通信、緊急通信、安全通信及び非常通信
3通信事項無線設備の設置場所、識別信号、電波の型式及び周波数遭難通信、緊急通信、安全通信及び非常通信
4通信事項識別信号、電波の型式、周波数及び空中線電力遭難通信

解答

1

解説

目的外使用の禁止(電波法第52条、第53条)

  • 免許状に記載された目的又は通信の相手方若しくは通信事項の範囲を超えて運用してはならない。
    ただし、次に掲げる通信については、この限りでない。
    (1) 遭難通信 (2) 緊急通信 (3) 安全通信 (4) 非常通信 (5) 放送の受信 (6) その他総務省令で定める通信
  • 無線局を運用する場合、無線設備の設置場所、識別信号、電波の型式及び周波数は、その無線局の免許状に記載されたところによらなければならない。
    ただし、遭難通信については、この限りでない。

-第一級陸上特殊無線技士
-,

© 2022 はちさんの通信系資格ブログ