第一級陸上特殊無線技士

一陸特 令和3年6月 無線工学(B)問8

2021-07-17

問題

一般的なパルス符号変調(PCM)における標本化についての記述として、正しいものを下の番号から選べ。

  1. 音声などの連続したアナログ信号の振幅を一定の時間間隔で抽出し、それぞれの振幅を持つパルス列とする。
  2. 量子化されたパルス列の1パルスごとにその振幅値を2進符号に変換する。
  3. アナログ信号から抽出したそれぞれのパルス振幅を、何段階かの定まったレベルの振幅に変換する。
  4. 一定数のパルス列にいくつかの余分なパルスを付加して、伝送時のビット誤り制御信号にする。
  5. 受信したPCMパルス列から情報を読み出し、アナログ値に変換する。

解答

1

解説

標本化は一定の周期でアナログ信号を取り出すことなので、1が正解です。

2は符号化、3は量子化、4は誤り制御、5は復号に関する説明なので、誤りです。

パルス符号変調(PCM)

パルス符号変調(PCM;Pulse Code Modulation)とは、アナログ信号をディジタル信号に変換する方式の1つです。

アナログ信号をディジタル信号に変換するには、標本化、量子化、符号化という3ステップを踏みます。

ここで、信号を一定の周期で収集することを、標本化といいます。

標本化を英語でサンプリング(sampling)ともいいます。

-第一級陸上特殊無線技士
-,

© 2023 はちさんの通信系資格ブログ