第一級陸上特殊無線技士

一陸特 平成31年2月 法規(B)問7

2022-03-13

問題

次の記述のうち、無線通信(注)の秘密の保護に関する規定に適合するものはどれか。電波法(第59条)の規定に照らし、下の1から4までのうちから一つ選べ。

注:電気通信事業法第4条(秘密の保護)第1項又は第164条(適用除外等)第3項の通信であるものを除く。

  1. 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。
  2. 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる暗語による無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。
  3. 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、総務省令で定める周波数を使用して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。
  4. 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、総務省令で定める周波数を使用して行われる暗語による無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。

解答

1

解説

秘密の保護(電波法第59条)

何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。

-第一級陸上特殊無線技士
-,

© 2022 はちさんの通信系資格ブログ